ヲタとしてもオシャレ女性としても、まだまだ半人前のはっちがヲタレ女子を目指し日々奮闘するヲタレぶろぐ☆♪
07 ← 2017/08 → 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PLOFILE.
はっち(。・ε・。)
  • はっち(。・ε・。)

  • -*-*-*-*-*-*-*-*-
    【ヲタレとは.....】
    ヲタレとは、基本的にはヲタク気質。
    だけど「可愛く&オシャレになりたい!」というはっちの願望によって生まれた、
    ヲタク+オシャレ=オタレ
    というヲタクとオシャレが合体した言葉。
    -*-*-*-*-*-*-*-*-

  • RSS

  • LOG IN
  • ◆ スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 アニメブログへ 0574ランキング☆【日記部門/写真日記】
    ランキング参加中(。・ε・。) 1日1回クリックして頂けると励みになります☆彡

    --/--/-- | スポンサー広告 | --:--
    ◆ 劇場版 BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸
    bleach.jpg

    劇場版BLEACH『もう一つの氷輪丸』の自己満感想文でござぃます。
    かなり偏った感想及びネタバレ大放出中ですので(笑)それでも構わないという方だけ追記にて続きを見てやってくださいませ~ヽ( ´∀`*)ノ

    にほんブログ村 アニメブログへ 0574ランキング☆【日記部門/写真日記】
    ランキング参加中(。・ε・。) 1日1回クリックして頂けると励みになります☆彡


    ◆簡単なストーリー解説◆
    尸魂界にある王族の秘宝である王印-----
    その警護及び運搬していた日番谷・乱菊率いる十番隊であったが、突如現れた謎の集団に襲撃され王印が奪われてしまう。
    その事件の首謀者と刃を交えていた日番谷は、その時を最後にいきなりの失踪。あまりに突然の事態に動揺する十番隊の思いも空しく、日番谷は尸魂界から事件の関係者及び反逆者とみなされ追われる身となってしまった。

    そんな中、一護は森の中で傷つき「クサカ」という言葉を残して倒れた日番谷を発見し保護するが、日番谷はすぐに一護の元も去ってしまう。
    一護は日番谷が、何か大きなものを一人背負っている気がしてならなかった。

    「クサカ」とは誰か?日番谷との関係は?王印を奪った目的は.....?全ては隠された日番谷の過去に関わりがあり、それを一人抱え込もうとする日番谷。
    だが王印強奪から発した事態は尸魂界を巻き込む危機を迎えようとしていた。


    ◆自己満かんそーぶん◆
    上の解説、全然簡単にまとめれなかった(笑)
    長々と書き綴ってしまいすぃません;;でもまぁ、そんな感じのストーリーです。日番谷ことシロちゃんが処刑される側として追われてしまいます。
    とにかく最初っから最後まで、シロちゃん出っ放しでしたヽ( ´∀`*)ノ
    「今回の主役なんだから当たり前」と言われればそれまでなんですが、シロちゃんファンなら誰でも大満足な仕上がりになってると思います♪

    まず、シロちゃんのセリフ一つ一つが重い、そして切なくキュンとする。
    本編ではほとんど弱気な態度を見せない彼が、ふとした瞬間に切ない表情を浮かべたり、言葉のすみに押さえ切れない切なさが見え隠れしたり.....。普段とは一味違う日番谷冬獅郎がそこにはいましたね。

    そして、今回の劇場版のオリジナルキャラクター・草冠宗次郎。
    シロちゃんの真央霊術院時代からの友人で、過去に氷輪丸の持ち主の座をかけた戦いでシロちゃんに破れ、尸魂界に殺されたという悲しいキャラ。
    王印の力で再び蘇えった彼が今回の事件の主犯なんですけど.....声が素敵すぎますよ、草冠さん!!じゃなくて石田彰さんッ!!(笑)
    大好きな石田さんと、大好きな朴さんの共演ヽ(*´∀` )( ´∀`*)ノファンとしてはそれだけでまさに泣きたくなるほどの豪華さでござぃますッ!!
    ストーリー後半の迫力溢れる掛け合いもいいですが、やはり過去の回想で楽しそうに語り合う二人の様子が見ててたまらんかった(笑)こんな素晴らしい共演を叶えてくれたBLEACHに感謝.....!!

    もちろん、それ以外にも見所満載となっておりますvv
    前作は劇場版第一作目というコトで、面白かったのですが正直メインのストーリーの中に無理矢理他のキャラを登場させている感じがどうしても隠し切れなくて。ただでさえこの作品は登場人物が多いですからね;;
    劇場版となるとどうしてもこうなるのかなぁ.....と思っていたんですが。
    今回は、ほぼオールキャスト総出演だったにも関わらず、一人一人のキャラがポイントを押さえていて素晴らしい構成になってました☆彡
    後半の尸魂界でのバトルシーンなんて、あれだけのキャラを見事に使い分けてすごかったです!!一作目との違いは見ればすぐ分かりますね。

    個人的にオススメ&お気に入りのシーンは、ルキアの『袖白雪』の映像シーンや、全然空気の読めてない剣八(笑)ムダにカッコよく見えた一角(檜山さんサイコウ!!)と、やっぱり頼りになる夜一さん!!
    そんで、いつもに増して良いトコ取りな白哉アニキがよかったです♪(笑)
    てかアニキが、いきなり「油断するな、黒崎一護」とかいうから、その瞬間脳裏で「手塚部長ーー(゜∀゜)ーー!!」って叫んじゃったんですけど(笑)
    あの、もしかして置鮎さん.....狙ってましたか?狙いましたよね、あれは(笑)

    見所はさらに背景やBGMにもたくさんあります。
    季節感を感じさせる背景もすごく手が込んでたし、個人的にはBGMがやばかった。BGMと各シーンがまさにベストマッチで、それだけで映画の質が格段に上がってたと思います☆彡ぜひサントラが欲しいですね♪

    映画を通してある大きなテーマの一つとして、『人には言えないような大きな悩みや壁に出会った時、自分はどうするか』というものがありました。
    一人で抱え込もうとする日番谷に対して、一護は人に頼る事を知らなかった頃の幼い自分の姿を思い出し、そしてそこから学んだ「人に頼ることへの強さ」もあるのだという事を日番谷に伝えていきます。

    生き方に正解・不正解を見出すのはとても難しく、正しいと思っていた事が実は間違っていたり、その逆だったりすることも世の中には多々あるので、一言で「悩んだ時は人に頼る、それが正解だ」なんてコトは言えません。
    けれど、一人で抱え込もうとする姿を見てその痛みを分かち合いたいと思ってくれている人がいたのなら、まずはその想いに気付くというのはとても大切なことです。自分だけが苦しいのだと考えるのは、実は自分以外の誰かを苦しめ傷つけているのかもしれないという事を知るという事はとても重要なことです。

    この映画の中で、シロちゃんは周りに頼る事を知ります。
    そして、その上で自分自身の過去の友人との決着を自分の手で解決する事を成し遂げる。一つの大きな試練を、人に助けられることで乗り越えまた一つ強くなったシロちゃんがなんだか大きく見えました。
    ラストでいつもの口調で「冬獅郎ではない、日番谷隊長、だ」と一護にいうシロちゃんを見た時は思わず涙が......;;シロちゃん、素敵すぎます(´ω`*)

    これから映画を見る人は、EDロールで席を立ってはいけません!!
    EDロールの後に、シロちゃんと松本のちょっとした会話シーンが見られます☆彡こちらも可愛らしいシロちゃんを見れますので。゚(゚ノ∀`゚)゚。

    ここまでほとんど一護について書いてない事に今頃気付く(笑)
    もちろん、一護もカッコよかったです♪人一倍熱い一護がいたからこそ、シロちゃんも素直にそれを受け入れれたのだと思いますね~(*´∀`*)
    はっちは、一護とルキアの身長差萌えなもんで(笑)一護の自宅で恋次からの連絡をもらう前のシーン(分かるづらい;;)で、私服の二人を横からとらえたアングルがたまらなくよかった!!ルキアと並んでる時の一護が、個人的には一番カッコよく見えてスキ♪.....感覚がズレまくりでスイマセン(笑)

    長々と書きましたが、劇場版BLEACH第二弾はお気に入りの作品になりそうです♪オススメですので、ぜひ劇場観賞する事をオススメします^^
    DVDになったらレンタル.....といわずに;;ゼヒ購入したい作品ですね☆彡

    はっち(。・ε・。)
    スポンサーサイト
    2008/01/10 | 。+映画+゜* | 19:30
    ◆ TRACK BACKS
    URL FOR TRACKBACK


    Illustrations by パンチヤマダ.
    Copyright ©アメリカ的 フェレットニッキ all rights reserved.
    ---------------------------------------------------
    Powered by
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。